性感染病の治療薬バルトレックスと問診

日本は、性感染病にかかる患者が多く、特に若者の患者が増加しており、学校などでも問題になっています。
若者に多い性感染病の中では、性器ヘルペスがよく知られています。
この病気の原因となるのは、ヘルペスウイルスです。
単純ヘルペスウイルスには、2種類あります。
1型と2型です。
口の周りにできるのが口唇ヘルペスです。
口の周りにできるヘルペスは、1型が原因で発症します。
そして、性器や性器周辺にできるヘルペスは、2型が原因となって発症します。
1型には、7割から8割の日本人が感染していると言われています。
ウイルスに感染していても、症状が出ない人も多いです。
感染してしまうと、皮膚に水疱ができ、赤くなることもあります。
性器ヘルペスの場合、性器や性器周辺に水疱ができます。
ヘルペスウイルスに1度感染すると、治っても再度発症することが多いため、気をつける必要があります。
ただ、子供の頃にヘルペスウイルスに感染したことがある人は、大人になってから感染しても軽い症状で済むことが多いです。
性感染病は問診で判明することもあります。
医師による問診はとても大切です。
問診によって性感染病だとわかった場合、抗ヘルペスウイルス薬が使われることが多いです。
抗ヘルペスウイルス薬で有名なのが、バルトレックスです。
この治療薬は、ヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれます。
バルトレックスの成分は、バラシクロビル塩酸塩で、ウイルスDNAの複製を阻害する作用があります。
バルトレックスは、非常に吸収力が高いので、1日に1回から3回の服用で済みます。
治療薬の中には、1日5回の服用が必要な薬もあるのです。
そのため、服用回数が少ないバルトレックスの人気が高いのです。