ヘルペスは陰嚢にできるのか、バルトレックスと下痢

ヘルペスウイルスは体内の様々な部位に感染して、水ぶくれの症状を引き起こすウイルスです。症状が出やすい部位に口唇や性器があり、一般的に重症化する事は稀ですが、身体が疲労やストレス、病気などで免疫力が低下すると何度も症状が現れるのが特徴です。皮膚以外に腹痛や下痢などの胃腸症状が同時に現れる人もいますが、ヘルペスの影響ではなく免疫力の低下による身体の不調によるものと考えられます。
ヘルペスの中でも、性器ヘルペスは、男性ならば性器や陰嚢などの性器周辺に小さな水ぶくれやイボ状のブツブツが現れ、患部に激しい痛みやかゆみをもたらす場合があります。性器周辺で発症する病気は多く、陰嚢に湿疹が現れる陰嚢湿疹などと区別がつきにくい事もあるので、何らかの症状が現れた場合はクリニックで診察を受けて正しい治療を受ける事をおすすめします。
ヘルペスウイルスに感染した時の治療薬に、バルトレックスがあります。バルトレックスは有効成分にバラシクロビル塩酸塩が配合された薬で、経口服用する事でウイルスの増殖を抑制します。現在の時点で一度感染してしまったヘルペスウイルスを完全に死滅させる治療薬は存在していませんが、ウイルスが増殖する前にバルトレックスを服用する事により、症状を抑える事が可能です。バルトレックスで副作用が起こる頻度は高くありませんが、下痢や吐き気、頭痛や眠気などが現れる場合があります。軽い下痢や頭痛などは、薬の服用を続ける内に副作用が軽くなっていく事もありますが、日常生活に支障があるような時は服用を中止して下さい。また、重大な副作用が少ない薬ですが、過度な摂取で意識障害や精神へ変調をきたしやすいので、必ず用法用量を守るようにしましょう。