ヘルペスの出血とクリニックで処方のバルトレックス

ヘルペスはウイルスが感染して発症する病気で、皮膚に水ぶくれができるのが特徴です。水ぼうそうや帯状疱疹も、広い意味ではヘルペスの一種ですが、一般的には口唇ヘルペスや性器ヘルペスが有名です。水ぶくれからは強い痛みを感じ、破れると出血することもあります。この中には大量のウイルスが潜んでいて、触れると感染します。性器ヘルペスの場合、女性では不正出血が見られることもあります。ただし不正出血はヘルペス特有の症状ではないので、自己診断は避けたほうが無難です。
バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を阻害する薬で、早期に服用すれば症状を効果的に抑えられます。ただし数日間経過しても効果がないときは、ヘルペスではない可能性もあるので、服用を見直さなければなりません。またヘルペスは一旦症状が治まっても、ウイルスが体内に残り、再発しやすいという特徴があります。治りかけたところで薬をやめずに、長期間続けることが大切です。
バルトレックスは市販薬としては購入できず、クリニックで処方を受けるのが普通です。クリニックなら保険が適用されますが、処方される分量には制限があります。頻繁に再発する場合には処方を受けられますが、原則として予防のために薬をもらうことはできません。どうしてもバルトレックスが必要なら、個人輸入で入手することは可能です。
性器ヘルペスは初めて感染したときには重症になりやすいので、クリニックで診察を受けるのが望ましいと言えます。それ以後に再発が疑われるときは、バルトレックスを常備薬として用いることで、パートナーへの感染リスクを下げられます。ただしバルトレックスを服用しても、感染を完全に防げるわけではないので注意してください。