バルトレックスと強迫性障害血管が弱い人は早目の治療

人体に感染するヘルペスウイルスは数種類あり、症状は皮膚や粘膜に水ぶくれ(ヘルペス)を作ります。ヘルペスウイルスは口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹や水ぼうそうなどの原因となり、感染したあとは神経の奥深くに潜み疲労やストレスで免疫力が下がった時に増殖して症状を引き起こします。現在の医学ではヘルペスウイルスを完全に死滅させる事ができませんが、症状を軽くしたり治癒を早めたりする事ができる治療薬が存在します。
バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を成分とする薬で、ヘルペスウイルスの増殖を抑制する働きがあります。初期症状が出始めた時点で服用すると、ウイルスの増殖が抑えられるのでより効果的です。口唇ヘルペスなどは放置しても数週間で自然治癒するので特別に治療薬を使わない人もいますが、帯状疱疹の場合は放っておくと帯状疱疹後神経痛などを患う可能性があります。特に糖尿病で血管や神経がすでに傷ついている人に多く見られ、皮膚症状が収まっても神経痛が続いてしまいます。血管に問題がある人は、早期に治療する事で予後の状態が良好になります。
バルトレックスを使用して副作用が発生する頻度は高くありませんが、めまいや頭痛、下痢や悪心などの軽い副作用が生じる場合があります。注意点として、まれに強迫性障害を含む精神変調や意識障害を起こすケースもあるため、もともと強迫性障害などの精神疾患を持っている人は、服用前に医師の指導を受けておくと安心して治療が行えます。適量を飲んだとしても、腎臓が悪い人や高齢の人は薬の排泄が遅れがちになり、血中濃度が上昇して強迫性障害などの副作用が起こりやすくなるので、水分を十分に摂取しましょう。バルトレックスを服用する時は、アルコールやカフェインなどの血管に影響がある飲み物は避け、水かぬるま湯で飲んでください。