バルトレックス服用中は水分補給を

バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水ぼうそうといったヘルペスウイルスの感染症の治療に効果を発揮する内服薬です。適応症状にはヘルペスウイルスのみとなっており、成分の塩酸バラシクロビルがウイルスDNAの伸長を抑制することで、増殖を阻害して治療します。ヘルペスウイルスは誰もが持っているもので、通常は免疫力によって抑えられています。しかし、一度も感染したことがない成人は、免疫がないので発症すると高熱などを伴い重症化しやすいことから、早めの治療が推奨されています。ヘルペスウイルスは完治がしづらく、バルトレックスを飲んだからといって安心はできません。数年後に再発することもあるので、予後の経過を見ることが重要とされ、頻繁に服用することもあります。そうした治療中に副作用が出る可能性も高く、特に水分補給を疎かにすると排尿困難になったり、腎機能障害が起こることもあります。高齢者、水疱患者は高熱や下痢を起こすことが多く、汗や下痢によって脱水症状に陥ることがあります。脱水症状になると尿量が減少して、バルトレックスの成分が集中して高濃度となっていまいます。高濃度になると結晶化しやすくなり、一時的に腎臓に沈着することで機能障害が起こるとされます。この副作用は一時的なものなので、しっかりと水分補給をし、尿細管に十分な水分量が保たれていれば結晶は溶けて消えるので問題はありません。しかし、水分量が足らずにそのままでいると、腎障害が後遺症となって残ることもあるので、治療中は必ず水分を補給するようにしましょう。特に汗をかく夏場では水分だけでなくミネラルも不足しがちになるので、ミネラルを含むスポーツドリンクなどを少しでも飲むようにします。

バルトレックスは妊娠中は危険?

妊娠中の薬の服用は胎児に悪影響を及ぼす可能性があり、なかには使用が禁忌となっているものがあります。性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療の用いられるバルトレックスについては、特に使用が制限されているわけではありません。もちろん薬ですので絶対に副作用が起きないと断言できるわけではありませんが、妊婦が服用可能な他の一般的な薬と比較しても同程度の低いリスクです。ただリスクをどうとらえるかは医師の判断によります。ですからヘルペスを発症して医療機関を受診する際は、妊娠していることはきちんと告げたほうがいいでしょう。もちろんバルトレックスがヘルペスの治療に有効な薬であるのは間違いありませんので、妊娠中だと告げた場合でもバルトレックスを処方する医師はたくさんいます。その場合はきちんと医師の指示通りに服用するようにしましょう。基本的には妊娠中でも服用できる薬です。リスクを恐れて症状を悪化させるほうがより深刻な事態を招きます。バルトレックスは症状が現れた初期の段階で服用することが絶対条件であり、ウイルスが増殖してしまった後に服用しても効果を得ることができないのです。したがって医師にバルトレックスを処方された場合は、必ずそれらをすべて服用することが大切になります。そもそも高度な知識を備えた専門医が処方する薬を、何の知識も持たない素人が自己判断で服用するかどうかを決めること自体が問題です。薬の開発には治験が必要ですが、妊婦を対象にした治験を行うことはできません。バルトレックスについても妊婦を対象にした治験はおこなっていないので、完全に安全であるとは言えないというだけの話なのです。それでも不安がある人は、自己判断する前にまず医師に相談してみましょう。

バルトレックスで便秘になるのは何故?

バルトレックスとはヘルペスウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬で、ヘルペスウイルスを原因とする帯状疱疹や、口唇ヘルペス・性器ヘルペス、水ぼうそうなどの治療に使用されます。ウイルスがまだ少ない発症初期に用いれば、病状の悪化が抑えられ治癒までの期間が早まります。 ヘルペスウイルスに感染すると、病気や疲労で人体の免疫力が低下した時にウイルスが活発化し、皮膚や粘膜に現れて水ぶくれを作ります。重症化する事は少なく、数週間で元の皮膚に戻りますが、免疫力が低下した際に何度も再発するのが特徴です。バルトレックスを含む抗ウイルス薬の中でも、一度感染したヘルペスウイルスを完全に死滅させる薬は開発されていません。しかし水ぶくれの兆候を感じた際に素早く服用する事で、ウイルスの活動を抑制する事が可能です。バルトレックスの副作用には下痢や便秘、吐き気などの胃腸症状をはじめ、発疹やめまい、眠気や頭痛などが存在しますが、副作用が発生する頻度は低く、重い症状が現れるのは稀です。症状が軽度の場合は服用を続ける内に慣れて、副作用が軽減されたり消失する場合もあるので問題ありません。しかし副作用の症状で日常生活に支障が出たり、悪化するようでしたら医師に報告して指示に従って下さい。バルトレックスには便秘や下痢と言った胃腸に関する副作用が現れる事がありますが、詳細な原因はわかっていません。薬の吸収の際に胃腸に刺激やアレルギー反応などの影響を与えている可能性がありますが、重篤な胃腸系障害へ発展する事は非常にまれです。便秘が重い時には便秘薬と併用して服用しても問題ありませんが、より安全に薬を服用したい場合は医師に確認を取る事をおすすめします。
◆一刻も早く治したい方へ
バルトレックス 通販
◆ヘルペスに効くバルトレックスの成分はバラシクロビル
バラシクロビルでヘルペス症状を抑える
◆バルトレックスでは治らないこの性病の検査は自宅で出来ます
クラミジア 検査